女性が抱えるトラブル

骨粗鬆症

骨粗鬆症

現代人の多くは慢性的なカルシウム不足に陥っていると言われています。これによって増えてきているのが骨の密度がすかすかになってしまう骨粗鬆症という病気です。
骨密度が減少することによって骨折しやすくなる恐ろしい病気となります。
特に骨粗鬆症は女性に多い病気とされており、年齢と共に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが不足することによって骨の形成が上手く行われなくなることが原因の一つとして考えられます。骨は通常破壊と再生を繰り返しており、エストロゲンが不足することによって破壊に対して再生が追いつかなくなってしまうのです。これによって破壊される方の比重が大きくなり十分な骨密度を保つことが出来なくなってしまうのです。
加齢によるエストロゲンの不足などはホルモン剤などを服用することによって補うことができますが、十分な骨の生成を行なう為には早い段階からカルシウムを十分に摂取しておく必要があるのではないでしょうか。一時的にではなく長期的な視点でカルシウムを補っていく必要があります。食生活などの改善をしながら、時にはサプリメントなどを活用して補うのも一つの方法でしょう。また極端なダイエットや運動不足なども骨密度を下げることに繋がるので注意が必要です。若いころにダイエットを繰り返し、閉経の年齢でエストロゲンが不足することによって骨粗鬆症に陥る女性が増えているのはその為ですね。
骨の病気ということもあり多くの場合は整形外科などで診断、治療をすることができますが、更年期障害の治療などと併行することも多く婦人科や内科などでも診断、治療をすることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ