女性が抱えるトラブル

女性が抱えるトラブル

更年期障害

女性の場合、40代から50代半ばに排卵が終わり、閉経すると言われています。日本人閉経の平均年齢は50歳と言われている中で、この閉経に伴って女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減少していくのです。エストロゲンが減少することによってホルモン不足となり、不足することによって自律神経や脳、骨、血管などに悪影響を与え、様々な不調が起こるのです。これを一般的には更年期障害と呼び、症状の出方には個人差があるものの多くの女性が悩んでいるのが現状です。
多くの症状としては火照りと呼ばれるホットフラッシュ、動悸、息切れ、肩こりや頭痛、不眠、頻尿や耳鳴り、冷え性などが挙げられます。自律神経に作用することによってイライラや憂鬱などの症状が長引くことによってうつ状態になることもあり注意が必要です。
薬75パーセントほどの閉経を迎えた女性が陥るものであり、ほとんどの場合は自覚症状で更年期障害を判断することが出来るのではないでしょうか。
治療法としては、女性ホルモンを補充し、バランスを整えることが前提となります。女性ホルモン剤を投与したり、自律神経薬、向精神薬、漢方薬などの投与で改善をはかります。また投薬による治療の他には食生活による改善が必要になります。女性ホルモンと似た働きをするのが豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボンであり、こういった成分を含む食材を日常的に取り入れることによって自然な形で更年期障害と向き合うことが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

更年期障害は、時には外出もままならないほどの状態になったりもしますが、少しでも気持ちが上がった時には
外出を心がけるのがいいと思います。
思い切り笑える映画や、泣ける映画を見に行ったり。
そんな自分を上げてくれる製品をご紹介いたします。

 

ケアプロストは使用者の約8割に効果が認められたまつ毛育毛剤です。
まるでエクステしているように見えるほどで、自分のまつ毛がそんなにも長くなれば、外出への心理的ハードルは少しは低くなるのではないでしょうか。
まつ毛にコンプレックスを抱いていた人もこれで解消です。
価格的にもリーズナブルで、2000円で約2か月使用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ